今月の新曲まとめ 〜2015年5月〜 (更新:5月31日)

  • 2015.05.31 Sunday
  • 01:02
Foxygen "24 Hours Lover Man"
Arthur Russell "Ocean Movie"
(Article)
The Strypes "Scumbag City"
Disclosure "Bang That"


 
Health "New Coke"
Titus Andronicus "Dimed Out(Pitchfork Best New Track 獲得)
Dr. Nerd (Major Lazor ft. Andy Samberg from Lonely Island) "Bass Drop
Miguel "Coffee (F***ing) ft. Wale"
 (Pitchfork Best New Track 獲得)


Britney Spears, Iggy Azalea "Pretty Girls"
10. Giorgio Moroder "Diamonds ft. Charli XCX", "Back and Forth ft. Kelis", "Don't Let Go ft. Mikky Ekko" *更新5/4
The Chemical Brothers "Go ft. Q-Tip" (Article)


Ducktails "Headbanging in the Mirror" (Article)
Du Bronde "Hunter" (Article)
Moses Sumney "Seeds" (Article) (Pitchfork Best New Track 獲得)
Vince Staples "Senorita" (Article) (Pitchfork Best New Track 獲得) *更新 5/5


Little Boots "Better in the Morning"
Lil Silva "Drumatic"
(Article
20. Snoop Dogg "California Roll ft. Stevie Wonder & Pharrell Williams"


Sleaford Mods "No One's Bothered" (Article)
Public Access TV "All We Want" (Article) *更新5/7
A$AP Rocky "Everyday ft. Rod Stewart × Miguel × Mark Ronson (Article)


Tame Impala "Eventually" (Article)
Prince "Baltimore" (Article)
Girl Pool "Your Heart" (Article)
Sharon Van Etten "Just Like Blood" (Article)
Nao "Apple Cherry"  (Article)  *5/10更新
iLoveMakonnen "Super Chef" (Article)
30. Years & Years "Shine" (Article)
Telegram "Aeons" (Article)
Mac DeMarco "The Way You'd Love Her" (Article)
Stereophoenics "C'est La Vie"
Editors "No Harm"
Leftfield "Bilocation ft. Polica's Channy Leaneagh"
(Article)
Pulo Instinct "Lake Como ft. Christian Rich" (Article) *5/12更新

Tinie Tempah "Not Letting Go ft. Jess Glyne"
Sun Kill Moon "Garden of Lavender"
Taylor Swift "Bad Blood ft. Kendrick Lamar"



40. Pender Street Steppers "The Glass City"
Nicolas Jaar "The three sides of Audrey / No one is looking at U"

Albert Hammond Jr. "Born Slippy"
Nao "Inhale Exhale"
Terrible Feelings "Tremors"
Birdskulls "Good Enough"
Muse "Mercy"



Courtney Love "Miss Narcissist"
M.I.A. "Platforms"
Metric "The Shade"

50. Florence & The Machine "Delilah"
A$AP Rocky "LSD" *5/20更新



Destroyer "Dream Lover" Pitchfork Best New Music 獲得)
Hudson Mohawks "Scud Books"
Jamie xx "I Know There's Gonna Be" *5/22更新


Christopher Owens "Selfish Feelings"
Gener8ion "The New International Sound Pt. ft. M.I.A."
Arca "Washed Clean"
Diplo CL Riff Raff OG Mako (from 2NE1) "Doctor Pepper"
Chance The Rapper (& The Social Experiment) "Hiatus Broadcast"

60. A$AP Rocky "Electric Body ft. Schoolboy Q" *5/25更新
Disclosure "Hold On ft. Greogory Porter"
Mourn "Gertrudis"
Flume "Some Minds"
The Weeknd "The Hills"



Girlpool "Cherry Picking"
Icona Pop "Emergency"

Mr. Twin Sister "The Erotic Book"
Refused "Francafrique"



Yukon Blonde "I Wanna Be Your Man"
70. I Am Strikes "Bitches"
Son Lux (Ryan Lott's solo project) "You Don't Know Me
Tough Age "New Orleans Square"
FFS (Franz Ferdinand × Sparks) "Call Girl" 
*5/29更新



Hurts "Some Kind of Man"
Nightjacket "The Right Way to Fall"
Postiljonen "Wait"
Neon Indian "Annie"



Mackintosh Braun "Through The Noise"
Frankie & The Heartstrings "Think Yourself Lucky"

80. Stormzy "Shut Up"
Ta-ku "Long Time No See ft. Atu"

Major Lazer "Powerful ft. Ellie Goulding & Tarrus Riley" *5/31更新



 

2月のシーンを振り返る

  • 2015.03.04 Wednesday
  • 18:53
【5 News You Must Know】
(FESTIVAL) フジロックとサマソニがラインナップを発表!
FUJI ROCK FESTIVALとSUMMER SONICがそれぞれ今年のラインナップを発表しました。以下の通りです。

<FUJI ROCK FESTIVAL 2015>
FOO FIGHTERS, MUSE (ヘッドライナー)
Ryan Adams, Johnny Marr, Of Monsters And Men, 椎名林檎
FKA Twigs, Motorhead, Jenny Lewis, Ride, Happy Mondays , Cero, Catfish & The Bottlemen, Hudson Mohawke, 岡村靖幸, Galan Tis, ゲスの極み乙女, The Bohicas, The Districts, Todd Rundgren, Galactic featuring Macy Gray

<SUMMER SONIC 2015>
Pharrell Williams, The Chemical Brothers (ヘッドライナー)
D'ANGELO AND THE VANGUARD, Imagine Dragons,   
Macklemore & Ryan Lewis, 
Manic Street Preachers performing The Holy Bible
The Script, 
Mew, Olly Murs, Bleachers, Passion Pit, Clean Bandit, Cast,  All Time Low, Modestep, Echo Smith, Magic!, Marmozets, Nico & Vinz, Sheppard, Slaves

<SONIC MANIA>
The PRODIGY    
Marilyn Manson, Poter Robinson
Krewella, Boys Noize, Destructo


(AWARD) グラミー、ブリットアワード&NMEアワード受賞者発表
2月といえばアワードシーズン。アメリカからはグラミー賞、イギリスからはブリット・アワードやインディ・ロックファンは見逃せないNMEアワードが相次いで受賞者を発表しました。各アワード、受賞者を太字にしています。

【グラミー賞】
<<主要部門>>

-Record Of The Year-

Iggy Azalea Featuring Charli XCX - Fancy 
Sia - Chandelier 
Sam Smith - Stay With Me (Darkchild Version) 
Taylor Swift - Shake It Off 
Meghan Trainor - All About That Bass

-Album Of The Year- 
Beck - Morning Phase 
Beyoncé - Beyoncé
Ed Sheeran - X
Sam Smith - In The Lonely Hour
Pharrell Williams - Girl
 
-Song Of The Year-
Meghan Trainor - All About That Bass
Sia - Chandelier
Taylor Swift - Shake It Off
Sam Smith - Stay With Me (Darkchild Version)
Hozier - Take Me To Church 
 
-Best New Artist-
Iggy Azalea
Bastille
Brandy Clark
Haim
Sam Smith 

<<その他注目部門>>
・Aphex Twin 『Syro』ベスト・ダンス/エレクトロニック・アルバム受賞
・St. Vincent 『St. Vincent』ベスト・オルタナティブ・アルバム受賞


【ブリット・アワード】

BRITISH MALE SOLO ARTIST
Ed Sheeran
Damon Albarn
George Ezra
Paolo Nutini
Sam Smith
 
BRITISH FEMALE SOLO ARTIST
Paloma Faith
Ella Henderson
FKA twigs
Jessie Ware
Lily Allen
 
BRITISH GROUP
Royal Blood
alt-J
Clean Bandit
Coldplay
One Direction
 
BRITISH BREAKTHROUGH ACT
Sam Smith
CHVRCHES
FKA twigs
George Ezra
Royal Blood

 BRITISH SINGLE
Mark Ronson ft. Bruno Mars - Uptown Funk
Calvin Harris - Summer
Clean Bandit ft. Jess Glynne - Rather Be
Duke Dumont ft. Jax Jones - I Got U
Ed Sheeran - Thinking Out Loud
Ella Henderson - Ghost
George Ezra - Budapest
Route 94 ft. Jess Glynne - My Love
Sam Smith - Stay With Me
Sigma - Nobody To Love
 
MASTERCARD BRITISH ALBUM OF THE YEAR
Ed Sheeran - X
Alt-J - This Is All Yours
George Ezra - Wanted On Voyage
Royal Blood - Royal Blood
Sam Smith - In The Lonely Hour
 
BRITISH PRODUCER
Paul Epworth
Alison Goldfrapp & Will Gregory
Flood
Jake Gosling
 
BRITISH VIDEO
One Direction - You and I
Calvin Harris – Summer
Ed Sheeran - Thinking Out Loud
Mark Ronson ft. Bruno Mars - Uptown Funk
Sam Smith - Stay With Me
 
INTERNATIONAL MALE SOLO ARTIST
Pharrell Williams

Beck
Hozier
Jack White
John Legend
 
INTERNATIONAL FEMALE SOLO ARTIST
Taylor Swift
Beyonce
Lana Del Rey
Sia
St. Vincent
 
INTERNATIONAL GROUP
Foo Fighters

5 Seconds of Summer
First Aid Kit
The Black Keys
The War On Drugs


【NME アワード 2015】

Godlike Genius: Suede
Best British Band: Kasabian
Best Album: Kasabian - 48:13
Best International Band: Foo Fighters
Best Live Band: Royal Blood
Best New Band: Royal Blood
Best Solo Artist: Jake Bugg
Best Festival: Glastonbury
Best Track: Jamie T - Zombie
Best Video: Jamie T - Zombie
Best Music Film: Pulp: A Film About Life, Death and Supermarkets
Best Film: Northern Soul
Best TV Show: Game of Thrones
Dancefloor Filler: Iggy Azalea featuring Charli XCX – Fancy
Worst Band: 5 Seconds of Summer
Villain of the Year: Nigel Farage
Hero of the Year: Alex Turner
Music Moment of the Year: Jamie T's comeback
Best Fan Community: Muse
Small Festival of the Year: Liverpool Psych Fest
Book of the Year: Vic Albertine - Clothes, Clothes, Clothes. Music, Music, Music. Boys, Boys, Boys
Reissue of the Year: Manic Street Preachers - The Holy Bible
Best Band Social Media: Liam Gallagher's Twitter

(GOSSIP) カニエ、悪態再び!?グラミーのベックのスピーチに乱入しかける
 
2月初旬に開催されたグラミー賞の授賞式だが、アルバム部門では大方のサム・スミス『In The Lonely Hour』という予想を裏切ってベックの『Morning Phase』が受賞した。しかし、ベックが受賞スピーチをしようとしてステージに上がったところ最前列(?)に座っていたカニエ・ウエストが不満があったようでベックのスピーチに乱入しようと登場...以前、MVAでテイラー・スイフトのスピーチに乱入し、大顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまった時の反省はあったのか、すぐに撤退するも大きな話題となりました。どうやらカニエの不満はテイラーの時と同じくビヨンセが受賞できなかったこと。一応一般批評としてMetacriticの平均点を並べるとビヨンセ 85点、ベック 81点、ファレル 67点、サム・スミス 61点と、確かにビヨンセの作品が一番評価されているのはわかるし、これまでもブラック・ミュージックに対する冷遇とも思える事態は何度もグラミーでは起こっておりカニエの怒りはわからなくはない。(でもたくさんのプロデューサーや作曲者が必要なビヨンセより、全楽器を自分でこなすベックに与えられるべきって気もね。)もちろん乱入はいかんけど。
 ちなみにベックは式の後に「僕はカニエがステージに上がってきて嬉しかったよ。彼は誰とも同じくらいステージに上がる権利がある人だよ。」「彼がこの5年間でどれだけ素晴らしいアルバムを作ってきたと思う?」「僕もビヨンセが獲ると思ってたんだ。」「僕はカニエが大好きだし、天才だと思うよ。彼のすることにはインスパイアされているよ。」と述べており、カニエも公式にベックに謝罪を入れており、テイラーの時ほどのことにはならなかった模様。
 左は実際の映像。右はカニエサイド(?)からの映像で、カニエ自身そこまでむきにはなっていなかったことがわかるし、ジェイ Zのリアクションも笑える。戸惑うベックも、席に戻って申し訳なさそうにするカニエもかわいい。しかし、右側のビデオ見ると改めてグラミーってすげえなって思いますね。この最前列の並び、ジェイ Z〜ファレル〜ジョン・レジェンド〜カニエって。

  



(NEW MUSIC) ブラー、12年ぶり&再結成後初となる新作を4月末に発売へ
 18日、BBC Radio1の大御所DJゼイン・ロウ(アップルへの移籍も今月発表されましたね)司会の 記者会見が配信され、その中で、新作『The Magic Whip』のリリースをアナウンス。合わせて新曲"Go Out"も公開されました。
    

 2008年夏に再結成、翌年にはグラストンベリーを初めとしたフェス出演など多くのライブをこなし、その後もレコードストアデイ用に発表した"Fools Day"、2012年のシングル"Under The Westway"などの新曲を発表、昨年は来日も果たしたりしてきたものの、デーモンのソロや「今年ゴリラズが活動する」という情報が入ってきたりしたことで、5年以上たって無いのなら厳しいのかな...と思っていたところ、突如入ってきたこのニュースは予想外。しかし、話によればこの新作『The Magic Whip』のレコーディングは、あの伝説のイベント「TOKYO ROCKS」の中止によって空いたスケジュールを利用して香港で行われたとか。ちなみにジャケットの「模糊」はブラー、「魔鞭」はマジック・ウィップという意味らしい。発売は輸入盤が4/27、日本盤は4/29、プロデューサーはブラー以外にも、スミス、カイザー・チーフスなどを担当したことのあるスティーヴン・ストリートとのことです。また既にテイラー・スイフト、ザ・フー、カイリー・ミノーグのヘッドラインが発表されているブリティッシュ・サマー・タイムへの出演も発表され、アルバム発表後のツアーにも期待ですね。

(CHART) ドレイクのサプライズ・リリースされた新作が記録を破りまくり!?
  新ミックステープ『If You're Reading This It's Too Late』をリリースしたドレイクだが、本作はこれまでの3枚のアルバム同様約50万枚のセールスで初登場に輝いただけでなく、まずSpotifyでは発売3日間でなんと1,700万回以上再生され、自身がもつ前作『Nothing Was The Same』での1,580万回という記録を更新した。

 そしてビルボードの方では、Hot R&B/Hip-Hop Songs Chartで本作の全17曲がランクイン。他にもニッキー・ミナージュ客演“Only”、“Truffle Butter”といった楽曲も含めれば、チャートの全50曲中合計21曲がドレイクの曲であり、『ほぼ半分ドレイク』となっている。さらに総合チャートのHot 100でもしっかり、トップ100曲中に本作から10曲、ゲスト参加曲含めて合計14曲が同時ランクインし、ビートルズが1964年4月11日付チャートで達成して以来のおよそ51年ぶりの快挙を成し遂げた。
 先月もお伝えしたリル・ウェインとキャッシュマネーとの訴訟の行方が気になるところだが、本作を聴いているとどうやらドレイクもかつでのメンター、リル・ウェインについていきたい模様?


【5 Albums You Must Hear】


Natalie Prass "Natalie Prass"
全英50位、Metacritic 86点
 アメリカはヴァ―ジニア出身、バークレイ音楽学校も経た才女のデビュー作。自身の持つ幅広いルーツを基に作り上げるサウンドは一級品。聴けばこの評価も納得でしょう。国内盤は3月にホステスから発売。 

Father John Misty "I Love You, Honeybear"
全米17位、全英14位、Metacritic 87点
 元フリート・フォクシーズのジョシュ・ティルマンのFather John Misty名義では3枚目となるアルバム。もちろんフリート...同様フォークなのだが、こちらはジョシュの歌声がより際立つため、まだ一味違った温かみに。ブルース・スプリングスティーンの「Born In The U.S.A」をなぞったとしか思えない「Bored In The U.S.A」ではユーモアたっぷりに現在のアメリカを歌い、批判し。。。これこそが彼のフリート・フォクシーズとは違った魅力の一つかもしれない。全編を通して完成度が高くMetacriticでのこの高得点も納得。

Peace "Happy People"
全英12位、Metacritic 61点
 B-Townことバーミンガム出身のバンド、ピースの2作目。サウンド・メロディともスケールアップが感じられる良作。ただの「ポップ」ではなく、「Perfect Skin」などで聴ける胸にグッとくる、グッド・メロディが書けるのが彼らの魅力。MVなどでは相変わらずユーモア満載で、彼らの人気は少なくとも日英ではしばらくキープできそう。

Ibeyi "Ibeyi"
全英 36位、Metacritic 77点
 フランス・パリを拠点としながらも、キューバ育ちというルーツを生かし、独特の民族的、いや伝統的サウンドを作り上げる双子姉妹のデビュー作。しかし、伝統的といいながらも、彼らの趣味がそうであるように、ジェイムス・ブレイクやケンドリック・ラマーを初めとしたコンテンポラリーな音楽からの影響も強く、それらをミックスさせる力こそが魅力なのだろう。父は惜しくも10年ほど前に亡くなってしまったブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの元パーッカショニストであるが、家族の死をテーマにした楽曲もより一層アルバムを特別なものにさせる。

Drake "If You're Reading This It's Too Late"
全米1位、全英3位、Metacritic 78点

 バレンタインに合わせ、直前に公開されたショートフィルムに続く形でサプライズリリースされた新世代ラッパーの王者によるミックステープ。意味深なタイトルだがそこには訴訟問題が絡むキャッシュ・マネーのバードマンへのメッセージかも?なんて声も。客演は控えめ、ビートもミニマム、しかしリリックでは以前よりもメンタルの強くなったドレイクが垣間見れる。アルバム『Views From 6』の発売も待たれる。

【6 Performance You Must Watch】
D'Angelo & The Vanguard - Really Love on Satudray Night Live


Rihanna, Paul McCartney & Kanye West - FourfFveSeconds on GRAMMY (日本では試聴できないようなので音声のみのバージョンをお楽しみください。)


John Legend & Common - Glory on Oscar 2015


Royal Blood - Figure It Out on Brit Awards 2015


Tobias Jesso Jr. on The Tonight Show Starring With Jimmy Fallon (番組サイトでのビデオはこちら


Alabama Shakes on Saturday Night Live




【50 Songs You Must Check】
1. Spector / All The Sad Young Men
2. Alex G / Sarah
3. Makthaverskan / Witness
4. Courtney Barnett / Pedestrian At Best  <<
This Month's GOLD TRACK>>

5. The Prodigy / The Day Is My Enemy
6. Sia / Salted Wounds
7. East India Youth / Carousel
8. Unknown Mortal Orchestra / Multi-Love
9. Kendrick Lamar / The Blacker The Berry  <<This Month's SILVER TRACK>>


10.Matt and Kim / Hey Now
11. Kanye West / Wolves (Feat. Vic Mensa & Sia)
12. Cashmere Cat / Ice Rink Ft. DJ Mustard
13. The Neighborhood / #icanteven Ft. Frence Montana
14. Alabama Shakes / Don't Wanna Fight


15. Jack White / Blue Light, Red Light (Someon's There)
16. Swim Deep / To My Brother
17. Hot Chip / Huarache Lights
18. Florence & The Machine / What Kind Of Man  <<This Month's SILVER TRACK>>


19. Drake / Energy
20. Big Sean / Win Some Lose Some Ft. Jhene Aiko
21. Chance The Rapper & Social Experiment / Lady Friend (フリーDL)
22. A.G. Cook / Drop FM Ft. Hanna Diamond (フリーDL)
23. Sufjan Stevens / No Shade in the Shadow of the Cross


24. Passion Pit / Lifted Up (1985)
25. Modest Mouse / The Ground Box with Time in a Box
26. Speedy Ortiz / Raising The Skate
27. Palma Violets / Danger In The Club
28. Slaves / Feed The Mantarary


29. Waxahatchee / Under A Rock
30. Pussy Riot / I Can't Breathe
31. Theme Park / Something Good
32. Everything Everything / Distant Past



33. Ash / Cocoon
34. Paul Weller / White Sky
35. Blur / Go Out


36. Crocodiles / Crybaby Demon
37. Heems / Home Ft. Dev Hyns
38. Only Real / Can't Get Happy
39. Death Cab For Cutie / No Room in Frame
40. METZ / Acetate
41. Wolf Alice / Giant Panch



42. Calexico / Falling From The Sky Ft. Ben Bridwell (Band of Horses)
43. The Singles (Including Scarlett Johansson & Este Haim) / Candy
44. Alex G / Change
45. Sannhet / Revisionist

46. Father John Misty / Heart-shaped Box (Cover)
47. The Prodigy / Wild Fronteir
48. Built To Spill / Living Zoo
49. Warpaint / No Way Out
50. Alabama Shakes / Gimme All Your Love






 

1月のシーンを振り返る

  • 2015.01.30 Friday
  • 18:10
【5 News You Must Know】
(CHART) マークロンソンとブルーノ・マーズの「Uptown Funk」が全米・全英チャートで連続1位!
   全米チャート、全英チャートどちらもUptown Funkが無双中です。先に12月に首位を獲得していた全英チャートでは、再び返り咲いて5週連続1位を記録しており、現在も記録を更新中。一方の全米チャートでも11月に65位に登場してから2週間でトップ10入り、徐々に上昇しついに1月17日付で1位になってからも、4週連続1位を記録し現在も記録を更新中。この曲、曲の(ナマ音で作られ、EDMへのアンチ的な)役割も、世界的なグローバル特大ヒットという意味でも、2013年の「Get Lucky」、昨年の「Happy」に続くものと捉えられそうです。



(FESTIVAL) コーチェラ、ボナルー、プリマヴェーラなど今年のフェスのラインナップ公開!
 4月に開催されるコーチェラ、6月に開催されるボナルーなどアメリカの主要フェスがラインナップを公開しています。前者はあまり評判がよろしくないですね。理由はヘッドライナー以外の地味さ、EDMの雑な混ぜ方が大きいでしょう。一方のボナルーは今年も超豪華。ポップスからインディ・ロック、ヒップホップまで、「ミュージックとアートの祭典」らしくうまくまとまっている印象。アメリカ国内だと他にもガバナーズ・ボールもラインナップを発表しています。こちらは日割りはまだ発表されていないものの、バランスの良さなどなかなか好評。気になるのはドレイクがコーチェラとガバナーズ・ボールでヘッドライナーになっていること。今年はロック系のフェスにも積極的に参加かな、ドレイク君。
 アメリカ以外でもスペインのプリマヴェーラなど続々ラインナップが明かされましたね。そんなフェス・シーズンの情報管理に役立つのが、アメリカの音楽メディア、Consequence Of Soundのサイト内にある「Festival Outlook」というページ。世界中のフェスの情報(日程、ラインナップから出演者の噂まで)がチェックできます。他にもイギリスのBBC Radio1's Big Weekendもテイラー・スイフトがヘッドライナーのようなポジションでパフォーマンスするそうです。

Coachella 2015                                                 Bonaroo Music & Arts Fetisval 2015
  
Governors Ball 2015                                             Primavera Sound 2015
   



(NEWS) ファレル・ウィリアムスがアル・ゴアと共に「LIVE EARTH 2015」をホストすることに!
 2007年に第一回が開催された地球温暖化防止を訴えるLIVE EARTHが二回目はファレル・ウィリアムスをホストに迎えて開催されることになった。プロデューサーはケヴィン・スウォールが務め、ファレルはクリエイティヴ・ディレクターを務めるのだという。今回は前回よりも多い世界193のテレビで中継、20億人の視聴者獲得を目指しているという。2007年には日本でも千葉・幕張メッセで世界と同時開催され、リアーナ、リンキン・パーク、AI、絢香、RIZEなどが出演。イギリスのウェンブリー・スタジアムからカサビアン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、フー・ファイターズ、メタリカ、マドンナ、ブラック・アイド・ピーズなど、アメリカのジャイアンツ・スタジアムからキース・アーバン、カニエ・ウエスト、ポリス、ロジャー・ウォーターズなどが出演した。詳細はこちら

(NEWS) ブリンク182からギター・ボーカルのトム・デロングが脱退か
  当ブログのこちらの記事でも2015年のUSバンドの期待のリリースの一つとしてピックアップしたブリンク182、しかしフロントマンのトムの脱退、バンドの「解散危機」説が浮上している。バンドのドラマー、トラビス・バーカーとベーシストのマーク・ホップスがローリング・ストーンのインタビューで、トム・デロングが『無期限で』バンドから抜けると語った。続けてradio.comに掲載された声明で、『全員今度のフェスに出演して新作もレコーディングすることにしていたのに、トムが理由もなしに延々伸ばしてるんだ。』と語っている。これに対してトムはインスタグラムで反論し、『ファンのみんなへ、僕はバンドをやめてないよ』と投稿。ライブや新作の予定もあっただけに今後も何らかの展開があるはずだ。
 バンドは2005年の活動休止以降も2009年に再始動、2011年にアルバム"Neighborhoods"をリリース、昨年もレディング・リーズ・フェスティバルにヘッドライナー出演など活動を続けていた。現在予定されているライブについてはアルカライン・トリオのマット・スキバが代役を務める。まだはっきりしたことはわからないが、バンドが上手くいってないことはあきらかだろう。

(NEWS) リル・ウェイン、所属のキャッシュ・マネーをドレイク、ニッキー・ミナージュを連れて離脱、訴訟も視野に
  ヤング・マネー・エンターテインメントのCEOであるリル・ウェインが親会社のレコード会社、キャッシュ・マネーを相手に5100万ドルの訴訟を起こそうとしている。理由は主に以前から不満を漏らしていた自身のアルバム"The Carter V"を、親会社キャッシュ・マネーのバードマンの裁量によりなかなか発売させてもらえないことだ。新たに明かされた情報によると、リル・ウェインはキャッシュ・マネーを脱退する場合、ドレイクとニッキー・ミナージュも一緒に抜けさせるつもりだという。また同じくヤング・マネーのラッパー、タイガも自身の新作が発売されないことについて同様の不満を漏らしていおり、最近のキャッシュ・マネー内でのこうしたいざこざはこのケースのみではない。キャッシュ・マネーは前述のとおり大物ラッパーが多数所属しているが、多くの権限をキャッシュ・マネーに握られている。この件に関してはリルも以前から不満をよく漏らしていた。
 ちなみに、リル・ウェインは今月ミックステープ "Sorry 4 The Wait 2"をリリースしているが、タイトルがそうであるようにこれに関してバードマンは面白く思っていないらしい。詳しい続報はXXLをどうぞ。

 今月は他にも「ノエル・ギャラガ― VS. エド・シーラン」、ビョークの新作サプライズ・リリース、「サム・スミスの「Stay With Me」のクレジットにトム・ペティが入る」などたくさんの話題がありました。



【5 Albums You Must Hear】


Sleater-Kinney "No Cities To Love"
全米18位、全英27位、Metacritic90点 (Consequence Of Sound A-、Pitchfork 8.7点 BEST NEW MUSIC獲得、NME9点など)
  90年代、ビキニ・キルなどのバンドにより盛り上がった「ライオット・ガール」ムーブメントのDNAを受け継ぐ3人組パンク・バンド、スリーター・キニーの復活作。評価の面でも、セールスの面(本国アメリカでさえ最高位は80位であった)でも過去最高のものとなっている。全編に渡って休止前のようなパワーが堪能でき、、、いや強力なリフ、コリン・タッカーの主張溢れるボーカルはいまが最高なのでは、、、と思わせるほど。昨年のテイラー・スイフトの"1989"に続き、本作は昨今のポップス界のフェミニスティックな動きの決定打ともいえるだろう。もちろん実際は彼女たち自身が再結成し新作を出すことに動いていたのだが、時代が求めた作品ともいえる。多くの人に聴いてほしい。今年の来日に期待だ。


Mark Ronson "Uptown Special"
全米5位、全英2位、Metacritic75点 (MOJO 4/5点、The Guardian 4/5点など)
  大ヒットシングル「Uptown Funk Ft. Bruno Mars」を収録した、エイミー・ワインハウスの名作 "Back To Black"やリリー・アレン、アデルのデビュー作のプロデュースでもお馴染みマーク・ロンソンの4枚目のアルバム。マークが「90年代のNYのヒップホップにインスパイアされたと語る通り、グルーブ豊かなサウンドが全体に。ブルーノ・マーズの他にも、スティービー・ワンダー、Tame Impalaのケヴィン・パーカー、ベテラン・ラッパーのミスティカルなど多彩な客演人も見事にマッチ。

Belle & Sebastian "Girls In Peacetime Want To Dance"
全米28位、全英8位、Metacritic77点 (The 405 8.5点、The Independent 4/5点など)
  スコットランドのインディ・ポップバンド、ベルセバことベル・アンド・セバスチャンの実に9枚目。ベルセバらしさを保ちながらも、エレクトロなど意外なアプローチが満載。ベテランだが、ここにきてもう一度代表作を作り上げたという感じ。ソールドアウトとなっているHostess Club Weekenderでの公演に期待だ。フロントマンのスチュアート・マードックは自身が監督を務めたミュージカルの映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』の公開も迫る。

Bjork "Vulnicura"
全米20位、全英11位、Metacritic86点(Tiny Mix Tape, The 405 10点満点、Consequence of Sound A-など)
 リークを受け急きょサプライズでデジタル・リリースされた作品。新鋭Arcaやハクサン・クロークをプロデューサに迎えたこともあり、多くのメディアで「今年期待のリリース」の一つに取り上げられていた。ビョーク自身の世界観と二人のプロデューサーのそれを支える「役目」が見事であり、繰り返し何度も聴かれるタイプではないかもしれないが、多くの人によって語られるべき作品だろう。Metacriticの点数が示す通り、久々に多くのメディアによって高評価を得ており、期待通り今年を代表するリリースになるかもしれない。

Viet Cong "Viet Cong"
Metacritic82点(Pitchfork 8.5点 BEST NEW MUSIC獲得、NME8/10点など)
  カナダのカルガリーを拠点とした、元Womenのマット・フレーゲル、マイク・ウォレスらによるバンド、Viet Congのデビュー作。日本国内ではそこまで話題にされていないようにも思えるが、多くのメディアで高評価を獲得している。ポストパンク〜アート・ロック〜シューゲイザーなど様々な要素が含まれる本作、僕はまだ全編聴けていないのでこの辺で。



【5 Performance You Must Watch】
Sia performs on Saturday Night Live


Sleater-Kinney on Late Show With David Letterman


Run The Jewels on Conan & Run The Jewels performing 36min set at  La Recyclerie in Paris


Mark Ronson& Bruno Mars on The Ellen Degeneres Show


Drenge on Late Show with David Letterman




【40 New Tracks You Must Check】
1. A$AP Rocky / Lord Pretty Flacko Jodye
2. Kanye West / Only One Ft. Paul McCartney
3. Lapsley / Falling Short
4. Years & Years / King



5.Twerps / I Don't Mind
6.Pop Group / Mad Truth
7.Waxhatchee / Air



8.Pond / Zond
9.Marina & The Diamonds / Immortal
10.Juce / The Other One
11.St. Vincent / Bad Believer
12.Noel Gallagher's Flying Birds / Ballard Of The Mighty I



13. Natalie Prass / My Baby Don't Understand Me
14. Modest Mouse / Coyote
15. Tobias Jesso Jr. / How Could You Babe *This Month's GOLD TRACK



16. Django Django / First Light
17. Aphex Twin / Diskhat ALL Prepared1mixed [snr2mix]
18. The Prodigy / Nasty
19. The Vaccines / Handsome



20. Darlia / I've Never Been To Ohio
21. Carl Barat and The Jackals / Glory Days
22. Charli XCX / Doin' It Ft. Rita Ora



23. Laura Marling / False Hope
24. Sleater-Kinney / Fangless



25. The Cribs / An Ivory Hand
26. The Wombats / Greek Tragedy
27. Peace / I'm A Girl
28. Burial / Temple Sleeper
29. Viet Cong / Shihouettes



30. Gengahr / She's A Witch 
31. Toro Y Moi / Empty Nesters
32. The Districts / Peaches
33. Frank Ocean / (At Your Best) You Are Love (Aaliyah & Islay Brothers Cover)
34. Death Cab For Cutie / Black Sun

35. Drenge / We Can Do What We Want *This Month's SILVER TRACK


36. Rihanna / Four Five Seconds Ft. Kanye West & Paul McCartney 
37. Mikal Cronin / Made My Mind Up
38. Purity Ring / Push Pull
39. Big Sean / Blessings Ft. Drake
40. N.E.R.D. / Squeeze Me

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM