Wiley 〜グライムを定義した人物

  • 2016.06.11 Saturday
  • 11:50


数年前、「Dizzee RascalがJay ZならばWileyはNasだ」という上手い例えがNoiseyの記事に載っていたことがあった。ジャンルや国境を越えて器用に活躍したというタイプではないが、このジャンルを音楽・内面両方で定義づけ発展に寄与した人物はこのWileyなのだ。



まず、彼が「Eskibeat」と名付けた、ロウで、時に凍えるほどに無機的、そしてTVゲームの効果音を思わせる奇妙なビートは、まさにそれさえ聴けば「自分はいまグライムを聴いていると自覚できる」ほどにグライム特有なもので、未だに主流なスタイルとして機能している。また、そのロウな世界観はMVにも影響を与えており、一昨年のMOBO Awardでベスト・ビデオを受賞したSkeptaの「That’s Not Me」は、わざと経年劣化したようなフィルムで撮られ、費用もわずか80ポンドしかかけられていない。そしてグライムの、ヒップホップのそれよりも極端で、日本で例えるなら「〜丁目」に当たるくらいまで極限までフォーカスされた地元意識も、早くから「Bow E3」という自身の地元とその郵便番号を自らの象徴として用いてきたWileyが作り上げたものといえる。




「グライムが再び盛り上がっている」とはいうものの、そのスタイル自体は当初のそれと大きくは変わりないのではないかと感じている。それも無理はない。グライムというまだ15年にも満たないジャンルにおいて、ここ数年台頭してきた若手MCたちは少年期あるいは思春期の多感な時期をグライムに夢中になって過ごして育った最初の世代なのだ。Wileyは、その彼らが忠実に辿るグライムの「基本」を作り上げた人物として今でも最も支持されている。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM