DEANと共に初来日!韓国の新鋭シンガー、Rad MuseumのDEANとの蜜月

  • 2018.11.17 Saturday
  • 14:47

今年韓国の人気R&Bシンガー、そして私も特別好きなアーティストであります、DEANが約2年ぶりの来日公演を12/8に行います。しかも彼がリーダーを務めるクルー、CLUBESKIMO(Crush, Punchnelloなど9組が所属しています)のクルー・メイト、Rad Museumも引き連れて。今回、日本ではあまり記事になっていないRad Museumの紹介も兼ねて、この2組のここ約1年半の蜜月ぶりをその音楽性から紐解いていきたいと思います。

 

 

新鋭シンガー・ソングライター、Rad Museumのこれまで

 

DEANについては、昨年末リリースした「instagram」が韓国のシングル・チャートで1位を獲得するなど、K-Popに興味のある人にとっては馴染みのあるアーティストですが、一方のRad Museumは作品は昨年出したEP『Scene』の一枚のみ。DEANを熱心に追いかけている人でも無い限り、あまり耳にしたことの無い名前だと思います。

 

本名をSo Haejoonとする彼は元々、CLUBESKIMOに所属しながらCamperという名前でグラフィック・アーティストとして活動していましたが、2016年12月、突如「Rad Museum」にアーティスト名を改名し、「Island」という曲をSoundcloudにアップします。(Soundcloudの楽曲ページは削除済み)

 

Rad Museum 「Island」

 

ヒップホップやR&B、エレクトロをやっているクルーの他の面々とは一線を画する、生バンド・サウンドに当時はびっくり。エルトン・ジョン (「Bennie and Jets」なんか)やベン・フォールズを想起させるピアノ・ロック的曲調からは、彼の「ポップス愛」や「ロック愛」的なものを感じ取りましたし、個性を強く打ち出しているなあ、という印象でした。

 

 

EP『Scene』で開花させた

ロック x ロウなサウンドとCLUBESKIMOの関係性

 

2017年10月、DEANが主宰するレーベル「you.will.knovv」 (2xxx!, Rad Museum, Miso, Reone, Prep, Dean)が所属する別クルーの名前でもある?)からEP『SCENE』をリリース。 ここで彼の音楽性は一気に進化しました。

 

 

特に印象に残るのはロックの影響の強さで、とりわけギターの役割が目立ちます。例えば「Dancing in the Rain」は繊細なアルペジオと中盤のピアノの伴奏がElliott Smithのエモさとリンクさせるし、ハードコアな「MADKID」なんかはジョン・フルシアンテばりのハードでブルース的なギター・ソロも聴かせてくれます。

 

(Live Session) Rad Museum - Dancing In The Rain ft. Jusén

 

 

そして、スロウでチルな時とハードな時のギャップを作るのも上手で、その静と動の世界観はとてもロック・バンド的で、かつDEANの作品にも似たロマンティックな雰囲気を持っていると思います。

 

チル・ヒップホップなビートにギターを乗せただけの「Over the Fence」、優しいキーボードの響き、星空に飛んでいってしまいそうなくらいMISOが歌うコーラスが美しい「Cloud」など序盤は「”静”の美しさ」に集中し、先述の「MADBOY」、作品中ではアップテンポな部類に入る「Tiny Little Boy」などでは「動」を以てクールさを演出しています。

 

 

「ロック」と同じくらい重要なのはサウンド(ビート)が「ロウ(粗い)」であること。例えばこのライブ・パフォーマンス(3:48〜)なんかは生演奏ではなくて、ビートを流してそこに歌を乗せるだけですが、最終的に「ビートもの」として収まる感じが、彼がDEANやCrushを中心に添えたCLUBESKIMOというクルーに属するアーティストであることを思い出させてくれます。このローファイなビートはメインストリームのK-Popのウェルメイドな感じとは対照的。そして、それはクルーの名前を"シベリア、カナダ、アラスカに住む、生(raw)肉を食べて暮らすワイルドな生活をするEskimo族"から取っている彼らに取って重要なポイントでもあるのです。

 

 

DEANとRad Museumの音楽的蜜月

 

そこで思い出すのが、昨年のシングル「Limbo」以降のDEANの作品です。

 

デビュー当初、特にAnderson . Paakと客演した「Put My Hands on You」からのDEANの特徴は90s R&Bにフューチャリスティックな質感をミックスしたもの。それが、「Limbo」収録の「The Unknown Guest」では、粗い録音っぽい雰囲気をわざと出していますし、この曲の音数少なめかつスロウなピアノのみのシンプルなつくりも注目に値します。

 

そして、決定的だったのは、昨年末にリリースされチャート1位を記録するなど大ヒットを記録した「instagram」。ここで突如、ギターが前面に登場します。MVがFrank Oceanの『Endless』そっくりなのも相まって、そのサウンドには彼のアルバム、『blonde』からの影響を強く感じますが、それと同時にこのギター x ロウなサウンドにはRad Museumのサウンドとのシンクロも気付かずにはいられないでしょう。先述のCLUBESKIMOのクルー名の由来を考えれば、彼にとってこうしたロウなサウンド自体はそれ以前から作りたかったコンセプトで、そこに『blonde』、Rad Museumとの関係が良い影響を与えたのかもしれません

 

DEAN 「instagram」

 

そして先日、11月8日に公開されたDEANの新曲「dayfly」。元f(x)のソルリと共にRad Museumが歌詞を歌い、そしてそのサウンドはここでもギター x ロウなサウンドを展開しています。

 

DEANの今年の活動を振り返ってみると、「instagram」リリース以降は、レコーディングのためかロンドンに行ったり、(CLUBESKIMOではなく)you.will.knovvの面々とロンドン、アムステルダム、そして秋にはアジアをバンコク、クアラルンプールと回ったりしていましたね。その中でもRad Museumは創作面でもプライベートでもとても近い存在になっているのかもしれません。

 

アンダーグラウンドなラッパー達と交遊する一方で、EXOに楽曲提供したり、GIRLS GENERATION(少女時代)のテヨン、Suran、Heizeのようなメインストリームなアーティストとも共演するクロスオーバー・アーティストであるDEANとまだ無名のシンガーのRad Museum。影響力を持つ前者と、彼がフックアップする新鋭シンガー、彼らによる斬新なサウンド・コンセプトがどんな風に韓国で、ワールドワイドで動いて行くのか、注目です。

 

DEAN: instagram Twitter

Rad Museum: instagramアカウント

DEAN, Rad Museum来日公演詳細

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM