『女子が憧れるインディアイコン』になりつつある?〜10年代インディシーンを盛り上げる女性アーティスト10組〜【2】

  • 2014.08.22 Friday
  • 15:22
 前回の【1】に続いて、今回も10代・20代の女子の憧れの存在になりつつある新たな「インディアイコン」である女性たちをリストアップしていきたいと思います。
 まえがきと前回の5組、10位から6位はこちらからどうぞ。

 
 2回目の今回は5位から1位です。

『女子が憧れるインディアイコン』になりつつある?
〜10年代インディシーンを盛り上げる女性アーティスト10組〜【2】


5. Hayley Williams【ヘイリー・ウィリアムス】(Paramore)




 えっ?この人このリストに入れるの?って思った方もいるはず。ただもうこの人というか、このバンドの人気、功績は無視できないほどのものになっていると思います。それを決定的にしたのが今年のレディング&リーズ・フェスティバルへのヘッドライナー抜擢。Queens Of The Stone Ageとのダブルヘッドライナー、他の大物バンドの動きが少なかったこともありますが、十分過ぎることでしょう。
 このポップなメロディから、ポップパンクやエモと分類したくなりますが、その作品の質そのものも実はしっかり認められており、Metacriticでは前作『Brand New Eyes』は73点とまずまずの高得点、最新作『Paramore』は81点という十分すぎる高得点を獲得。全米全英1位と世界中でよく売れていることともしっかり見合った評価を獲得しており、「売上・評価どちらでも認められている」バンドなのだ。そのバンドの中心人物のヘイリーは、ここ日本ではそうでもないものの、欧米では何度もティーン雑誌の表紙を飾ったりと、ティーンエイジャーにとっての憧れの存在でもあるのだ。アブリル・ラヴィーンが完全にダメになってしまった昨今、彼女がぐんぐんティーンへの影響力を上げていることは言うまでもないだろう。

        


4. Lorde 【ロード】



 先日のフジロックと単独公演でのライブもかなり評判の高い若干17歳のヒロイン。私もフジロックで拝見しましたが圧巻でした。彼女が登場するとそれだけで悲鳴が止まらないのだが、パフォーマンス中も、「彼女が髪を振れば」、「彼女が一言話せば」……とその度にまた悲鳴は鳴りやまない。もちろんその理由は彼女がステージ上で放つオーラにあるのだ。もちろん、それはとても17歳とは思えない。
 彼女の功績は、全米チャート9週連続1位を獲ったこと、グラミーでも主要部門を受賞したことだけでも十分だが、真の功績は音楽界全体の雰囲気を変えようとしているところにあるだろう。セリーナ・ゴメスやカーリー・レイ・ジェプセンなどティーンの憧れの存在である女性たちもが夢中になることで、もはやアメリカの女の子すべてを味方にしたような感じ。まとめるなら、EDMやアイドルポップに飽き飽きし始めた若い女子たちの虜となることで、アデル、ラナ・デル・レイやフローレンスが築いた若者の中での「アダルト」、もしくは「オルタナ」の支持層を更に広げることに成功したといえる。彼女はまだ一枚しかアルバムを出していないが、他の誰よりもメインストリームで成功し、多くの人のハートを掴んだことを考えればこの順位も妥当だろう。

    

3. St. Vincent 【セイント・ヴィンセント】



 本名はアニー・クラーク。ここ日本でも先日FUJI ROCK FESTIVALで圧巻のパフォーマンスを披露し、多くの人がベストアクトの一つに挙げた1982年生まれの31歳だ。バークリー音楽院に通ったこともある彼女の音楽歴は12歳からスタート。ライブでお馴染みのあのギターテクニックは、ギタリストである叔父から教えてもらったものだという。ファーストアルバム『Marry Me』から批評メディアでは高得点を叩きだしていたし、アーケイド・ファイア、グリズリー・ベアーなどがファンを公言するなど評判は良かったのだが、彼女の地位が決定的になり始めたのは、2011年の前作『Strange Mercy』辺りからだろう。もともと持っていたアートさに、ギターリフが印象的なシングル「Cruel」を始めとしたポップさが加わり、全米チャートでも19位にまで前進。数多くのメディアの年間ベストのリストの上位を総なめした。この後、デヴィッド・バーンとの共演作『Love This Giant』もリリース。その『Love This Giant』を経てより多層的なリズム隊が加わった、今年出したセルフタイトルの新作は、現時点で他のどのアルバムも抑えて今年一番の評価を得ている作品だ。ファズのような歪んだ音を出し、ライトハンド奏法なども披露する彼女のギターパフォーマンスからは、演奏・パフォーマンスへの貪欲さも伺える気がする。
 独特の世界観を放つミュージック・ビデオや、振り付け、時にダイブをし、叫び狂う(かと思えば落ち着いてMCで語りかけたりする)ライブパフォーマンスには、十分に彼女の個性、「見せ方」の上手さが伺える。今夏のフェスサーキットでも大活躍中、並べてアメリカでのテレビパフォーマンスもかなり評判が良く彼女が確固たる地位を築き上げ切れていることは言うまでもない。

    


2. Lana Del Rey 【ラナ・デル・レイ】



 「ポップスター」、または「アイコン」という意味では、この企画でピックアップした10組の中で一番の存在であろう人が、この女性だ。ファッション、ステージ上でのオーラの出し方全てにおいてその素質を持っていると感じられる。デビューアルバム『Born To Die』は350万枚以上を世界で売上、欧米では女子を中心に圧倒的支持を集めるラナ・デル・レイこと、本名エリザベス・ウールリッジ・グラント。その世界的に大ヒットとなったデビューアルバムでさえも批評家の点数を見てみれば、Metacriticでは61点と決して高くはない。それどころか、これは厳しめの数字といえるだろう。しかし、その点数をじっくり眺めてみればその幅も、100点満点や90点から40点や25点までととても広く、彼女を絶賛するライターもいれば、とことん叩くライターまで様々だということがわかる。今年発表された最新作『Ultraviolence』でもThe 405が「Ultraboring, Ultrabland, Blandboring, Minimamboring」と題した10点中3点のレビューを書いたことも印象に残っている。もう一つ挙げるなら、最近では「もう死んでいたらよかったと思う」とThe Guardianのインタビューで語ったことが物議を醸してしまうこともあったが(後から彼女は「そんなこと言うつもりはなかったわ」と言っていますが)、しかし、こうして敵をも作ってしまうところこそがスターの証ではないだろうか。ここ半年ほど彼女のニュースを音楽メディアから聞かなかった週はないだろう。彼女こそが正真正銘の「女子の憧れるアーティスト」の一人だ。日本でも、洋楽好きなティーンエイジャーの女の子に対して、アイドル以外の入り口として、もっともっと彼女のようなわかりやすいスターをアピールしてほしい。
 
    


1. Florence Welch 【フローレンス・ウェルチ】(Florence & the Machine)


 
 ロンドン出身のバンド、フローレンス&ザ・マシーンのボーカル。フローレンスとイザベラ・マシーン・サマーズを中心に現在は7人で活動するバンドは、2009年にアルバム『Lungs』でデビュー。本国UKでは初登場から5週連続2位を記録、2010年1月になると再浮上して2週連続1位を記録する大ヒット&ロングヒット。アメリカでも100万枚の売上を超えた本作は全世界では300万枚以上を売上げる大ヒットを記録し、Brit Awardではアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。恋人との別離にインスパイアされたという、2011年のアルバム『Ceremonials』も全英1位を記録し、Q Magazineの年間ベストアルバムでは1位に選出された。そんなバンドのフロントで歌う彼女は、紛れもなく世界一インディ・ロックシーンで輝く女性なのだ。
 ライブパフォーマンスにも定評ある彼女だが、2009年に出演したオーストラリアのフェス、Splendour In The Glassではデビューしたばかりの海外公演ながら30,000人の観客を集め3日間のフェスで一番の盛り上がりだったという。そんなフローレンスも今ではフェスのメインステージのトリ前の位置を任せられるほどだ。ケイト・ブッシュやビョークなどとも比較される(他に彼女はグレース・スリックを自身のヒーローとして挙げている)彼女のパフォーマンスは独特で、優雅な服装で静かにかつロマンティックに歌う時もあれば、ステージ中を走り回る時もある。ルネサンスの芸術家にも影響されたという世界観が音楽からステージ、フローレンスというアイコン、全てを形作っているようである。2015年にはサード・アルバムのリリースもありそうなので、彼女の今後の活躍と二度目の来日を期待しよう。自作のあとのツアーではヘッドライナーとしてフェスに出てくることも期待できそうだ。

    
コメント
http://www.ultra--boost.us.com/ adidas ultra boost uncaged
http://www.kyrie-irving-shoes.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.balenciaga--shoes.us.com/ balenciaga bag
http://www.mbts.us.com/ mbt womens shoes
http://www.northfacejacketoutlets.us.com/ north face outlet
http://www.chromeheartsjewelrys.us.com/ chrome hearts necklace
http://www.james-hardenshoes.us.com/ harden vol 2
http://www.ralphlaurenspoloshirts.us.com/ ralph lauren
http://www.lacosteshirts.us.com/ lacoste outlet
http://www.air-max-270.us.com/ nike air max 270 men
http://www.ray--ban.us.com/ ray ban eyeglasses
http://www.truereligion--jeans.us.com/ true religion jeans for women
http://www.supreme--clothing.us.com/ supreme shoes
http://www.salvatore-ferragamo.us.com/ ferragamo shoes
http://www.mcms.us.com/ mcm handbags
http://www.nikeairmax-95.us.com/ air max 95 black
http://www.pandoras-uk.co.uk/ pandora
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy
http://www.true--religion.us.com/ true religion jeans for women
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ vapormax
http://www.air-max-90.us.com/ nike air max
http://www.air-max-97.us.com/ air max 97 mens
http://www.chromehearts-jewelry.us.com/ chrome hearts pendant
http://www.nikekdshoes.us.com/ kevin durant shoes
http://www.nike-huaraches.us.com/ nike huarache
http://www.pandorasjewelry.co.uk/ pandora uk
http://www.airmax95.co.uk/ nike air max 95
http://www.oakley--glasses.us.com/ oakley eyeglasses
http://www.prada--handbags.us.com/ prada wallet
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry official site
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy
http://www.salomon-boots.us.com/ salomon boots
http://www.kevin-durant-shoes.us.com/ kd shoes
http://www.adidas-superstarshoes.us.com/ adidas superstar shoes
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp le pliage
http://www.uggsformen.us.com/ uggs for men
http://www.jordan11.co.uk/ jordan 11
http://www.prada--bags.us.com/ prada bags
http://www.adidas-yeezyboost35
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM